リスティング広告

リスティング広告とは?

インターネットユーザが検索サイトで「検索したキーワードに連動」して表示される広告

Google広告(旧Adwords)

Google広告(旧Adwords)

アドワーズはGoogleの検索結果に表示されるリスティング広告プラットフォームで、広告効果を最大化させるための様々な機能が充実しています。
パソコンもそうですが、Googleは何よりスマートフォンユーザーが非常に多いので、幅広いスマホユーザーにリーチしたい時には特におすすめです。

Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告

Yahoo! プロモーションというのはYahoo!が提供している広告サービスの総称で、リスティング広告のみを指す場合は「スポンサードサーチ」とも呼ばれます。
国内の他サイトと比較しても圧倒的なユーザー数を誇るYahoo! 関連サイトとの親和性が高く、一般的にコストパフォーマンスも高めだと言われています。

クリックされなければお金はかかりません。

ユーザーが広告をクリックした分だけ(実際に見られた場合のみ)費用が課金されるシステムです。
広告を表示される自体は無料なので、余分な広告費がかかりません。

よって、自分たちの ターゲットユーザーのみにクリックされるように、 広告文章や出稿 キーワード、出稿WEBサイトなどを慎重に選ぶ必要があります。

リスティング広告の特徴

  • 1. 低予算で 広告出稿できる
  • 2. ターゲットユーザーだけに 広告出稿できる
  • 3. 地域、時間帯を決めて 広告出稿できる
  • 4. 広告内容を常に変更できる
  • 5. 有名なサイトへも安価に 広告出稿できる
  • 6. ミドルワードやスモールワードを狙うことで効率化しやすい

1. 低予算で 広告出稿できる

リスティング広告は、クリック課金制のためクリックが発生すると、その回数に応じてお金が発生します。
よって、クリックが起きなければ費用は発生しないため無駄なお金を払う必要がありません。
また、上限金額を決めて 広告出稿できるため、使いすぎることがありません。

Googleが広告主に対して提供している「キーワードプランナー」という検索ボリュームを調べることができます。
この「キーワードプランナー」を使えば、事前に広告費をシュミレートしてくれるので安心です。

2. ターゲットユーザーだけに 広告出稿できる

Googleでの検索キーワードや、提携WEBサイトの内容を選んで広告出稿できるため、ターゲットユーザーを選んでアプローチが可能です。
特に検索キーワードは、検索ユーザーのニーズや温度感が検索キーワードごとに違うため、目的に合わせて出稿するのが一般的です。
例えば、レストランの予約を取ろうとあるユーザーが検索をしているとします。

「レストラン」で検索する場合と、「東京 レストラン 夜景 個室」と検索する場合では、予約までの温度感が違いますし、
夜景を求めていない人は「東京 レストラン 夜景 個室」と検索しないため、無駄なクリックを避けることが出来ます。
「レストラン」の場合、意味や由来を知りたい人が検索しているにも表示されてしまいます。
このように、ターゲットユーザーだけに広告出稿できるというのは非常に大きな特長です。

3. 地域、時間帯を決めて 広告出稿できる

検索している人のいる地域や時間帯を決めて広告出稿が出来るのも特長です。
例えば、青森県の地域密着型のレストランを経営しているのに、東京で検索している人に表示されても意味がありません。
青森県で検索している人にだけ広告出稿したいという場合でも設定により可能です。
また、サラリーマンを対象に広告を出したい場合、通勤し始める朝7時から帰宅し始める18時まで広告を出す、などという時間設定も可能です。

4. 広告内容を常に変更できる

紙の 広告などは、一回出してしまったら修正は出来ません。
また、バナー広告などの場合は契約期間が決まっているので1日目で効果が悪いから取りやめる、ということは出来ません。
しかし、リスティング広告であれば配信開始・停止・修正などを簡単に行うことが出来ます。

5. 有名なサイトへも安価に 広告出稿できる

有名なサイトになるとバナー出稿に数百万円、数千万円と広告出稿にはケタ違いの金額がかかります。
しかし、リスティング広告であればクリック課金制で表示することができ、嫌になったらすぐやめることが出来ます。

6. ミドルワードやスモールワードを狙うことで効率化しやすい

検索キーワードは基本的に、ビッグワード、ミドルワード、スモールワードに分類でき、
ビッグワードになるほど人気のキーワードで検索回数が多いもののコンバージョンレートが低くなり、
逆にスモールワードになるほど、検索回数は少ないがコンバージョンレートは高くなりやすいと言われています。

下記は キーワードプランナーによって抽出された数値です。

分類 キーワード例 月間検索ボリューム

  • ビッグワード ランチ ・・・・・・・・・90,500
  • ミドルワード ランチ 東京・・・・・・・ 5,400
  • スモールワード ランチ 東京 おすすめ ・・480

このように明らかに月間検索ボリュームに違いがあるのがわかります。

Googleアドワーズが提供している 広告の中で、最もシンプルな広告

Googleアドワーズが提供している広告の中で、最もシンプルな広告です。

広告の見出し、表示URL、広告文、ランディングページの4つの要素で構成されています。

上記画像の各部分についてもう少し詳しく見ていきましょう。

①. 広告見出し

最も目立つ要素です。

ユーザーが検索をした際に入力すると予想される文字列を含むことがポイントです。
最大文字数は、ほとんどの言語の場合25文字、日本語や中国語などの全角文字言語の場合12文字となっています。

②. 表示 URL

緑色の文字で表記されている、WEBサイトのアドレスを表示する要素です。
なるべく、どのようなWEBサイトに遷移するのか、分かるようなURLを表示することがポイントです。

③. 広告文

商品やサービスなどの詳細を表示する要素です。

ユーザーが 広告をクリックしてWEBサイトを訪れるきっかけになるような文章にすることがポイントです。
最大文字数は、ほとんどの言語の場合35文字、日本語や中国語などの全角文字言語の場合17文字となっています。

④. ランディングページのURL

表示URLとは別に設定するURLの要素です。

表示URLをクリックして遷移したページのURLを見ると、表示URLとは異なっていることが分かります。
ランディングページのURLとは、遷移先のURLのことを意味します。

広告上ではこのURLを見ることができませんが、設定画面上で広告をクリックして遷移した先のWEBページのURLを設定しなければなりません。
このドメインと、表示URLのドメインは同じでなければ審査が通りませんので、注意してください。

”ムダのない広告配信”が可能です。 時間帯や地域などを指定して出稿できます。

  • 商圏にあわせて広告を表示する地域を設定できます。
  • 配信する時間や曜日を指定することもできます。

目的・商材・客層にあわせた広告配信設定ができるので、より”興味の高いユーザーに特定”してアピールできます。

広告の効果を細かくデータ収集できます。

市場把握がしやすく、広告の改善や施策立案に役立てることができます。

収集される各種データから・・・

  • キーワード単位の広告表示回数
  • クリック率
  • クリック単価
  • 購買数
  • 購買単価、など

様々な状況を判断することができます

  • 市場の大きさ
  • どのようなキーワードがユーザーに喜ばれるか
  • どのキーワードに予算を増やせば売り上げをのばしやすいか

リスティング(WEB広告)料金プラン

リスティング(WEB広告)プラン

施策項目 ライトプラン スタンダード プレミアム
対象 アクセス解析&アドバイジング
月1回
アクセス解析&ページ改修
月1回(作業4人日稼動分)
アクセス解析&ページ改修
月2回(作業6人日稼動分)
初期費用
アクセス解析&CV改善
¥100,000 ¥200,000 ¥300,000

ご相談やご質問、お気軽にお問い合わせ下さい。