てすとテスト

私たちの製品の製優位性について

基本対応として、WordPress(ワードプレス)を使用し内部SEOを行い、公開時にGoogle登録リクエストを行います

SEOに強いWordPress(ワードプレス)をベースにホームページを作成します

チームNext!でのホームページ制作は、WordPress(ワードプレス)というCMS(コンテンツ管理システム)を使用しています。
このシステムは、基本的にはブログの機能をもつプログラムなのですが、カスタマイズを行うことで自由に改変しい様々な形のホームページを作成することが可能です。
またこのシステムを使用することで、SEO対策にも有効であるということを、Googleの責任者が発言しています。

WordPress is a great choice
WordPress automatically solves a ton of SEO issues.
WordPress takes care of 80-90% of (the mechanics of) Search Engine Optimization (SEO)

(訳) WordPress(ワードプレス)を選ぶことは、非常に良い選択です。
なぜなら、WordPress(ワードプレス)スは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、
SEO(サーチエンジン最適化)の手法の80%~90%に対応するように作られているからです。

出典元:Google検索の責任者やSEOの天才も認めるWordPressのSEO効果

 

内部SEOの前にまずは御社の事業の理解からはじめます

こちらは、行って当たり前なのですが、しっかり対応できていない制作会社も多いのも実情です。
基本的に各ページには、「主題」がありその主題を簡潔に説明するために文章と画像で構成します。

この主題がないこと、ブレていることが多いのです。
なぜブレるのかということ「作り納品すること」が優先してしまうからです。

お客様の事業を理解し、どうすればWEB上でプロモーションが成功するか、ということを念頭におき
各ページの主題を決定し、ホームページの目標設定を行います。

次に目標を達成するために必要な母数をどのように集めるか、という点を協議し方針がきまったら
各ページの構成やデザインの話になっていくのです。

多くの会社がこの「主題」がないためにブレてしまうのです。

小手先の「キーワードはどうしましょう」ではなく「このページで伝えたいことは何か」を明確にすることで自ずと答えは導き出されるため、
まずはここまでの工程を踏んでいるかということが重要なのです。

その後、基本的な内部SEO対策を行います

各ページには、検索された際に表示される「タイトル(主題)」「ディスクリプション(説明文)」を設定し
決められた文書ルール「ヘディング(見出し)」に則り構成していくことと
画僧に対して注釈を入れる「ait(代替テキスト)」、ページの重複化を防ぐ「canonical(URL正規化)」などを施し基本的なSEO対策が完了します。

ここまでが基本的なチームNext!の内部SEO施策となります。

当たり前の事柄なのですが、それもできていない制作会社が多いことも事実です。

更にその先の、チームNext!のSEOテクニック

流入キーワードを可視化

Googleアナリティクス、サーチコンソールでも見ることが難しい流入キーワードを可視化します。
ホームページに対し、流入キーワードを増やす施策を行うことが可能になります。

流通キーワードを可視化しコンテンツマーケティングを加速

自分が想定しているキーワードが、検索エンジン上でどの程度検索されているを可視化するツールです。
これにより、コンテンツ作成を戦略的に行うことが可能となり、ひいてはトライアンドエラーする手間がなくなり
効率的にコンテンツマーケティングを行うことが可能となります。

SEOの改善提案

現行のサイトのSEO状況がわかります。またどのように改善すれば検索の上位を狙えるのかなどのアドバイスを行います。
ヒートマップを設置することができれば、滞在時間を確認しコンテンツの構成を変えることで成果に繋げることも可能性と精度を高めます。

競合他社の状況確認、比較

競合他社サイトのアクセス数を予測し、ベンチマークとしてSWOT分析を行います。

 

 

WordPress(ワードプレス)の定期アップデートとプラグインの定期アップデート

WordPress(ワードプレス)とプラグインの関係性

WordPress(ワードプレス)がパソコンだとすると、プラグインはアプリケーションということになります。
パソコンも購入時は何もできませんが、各々自分が使いやすいように、または目的を実現するためにカスタマイズを行いますよね。

表計算を行いたければ「Exel」を、文書を作成したければ「Word」を、写真を加工したければ「Photoshop」をインストールするという具合に
自分が実行したいことを実現するために拡張機能を追加していると思います。

それと同じようにWordPress(ワードプレス)も、基本機能はシンプルなブログ機能しかありませんが
「プラグイン」と呼ばれる拡張機能を使用し「ギャラリー」を追加したり「お問い合わせフォーム」を追加したり
「SEO対策用」のプラグインを使用し、検索エンジン最適化を行ったりすることができるようになるのです。

WordPress(ワードプレス)とプラグインの開発元は違う

WordPress(ワードプレス)は、セキュリティーホールなど脆弱性が見つかるたびに、WordPress(ワードプレス)の開発元が常にバージョンアップしています。

ところが、WordPress(ワードプレス)のバージョンアップと、使用しているプラグインのバージョンアップに相関関係がありません。
というのも、WordPress(ワードプレス)とプラグインの開発元は異なるため、バージョンアップのタイミングはそれぞれ異なります。

つまり、WordPress(ワードプレス)がバージョンアップした際に、プラグインがWordPress(ワードプレス)本体のバージョンアップに追いつかず、機能停止をすることもあり得るのです。
これを阻止することは難しいのですが、常に管理と監視を行うことで、発生期間を極力短くすることは可能です。

チームNext!ではその発生期間を極力短くするために、使用プラグインを不用意に増やさず、バージョンアップ情報のモニタリングを行うことで
発生後の期間短縮に努めています。

「安全」と「安心」を提供するためのサービス

不正アクセス対策のセキュリティ措置について

WordPress(ワードプレス)は世界で一番利用されているCMSとなります。Windowsと同様ですね。
そのことにより、Windows でいうウイルスのように「不正アクセス」というものが発生する可能性を孕んでいます。

先にも述べたようにWordPress(ワードプレス)に「脆弱性」が見つかると、そこから不正アクセスされサイトデータを改ざん、個人情報の抜き取りなど
会社に致命的な打撃を与えかねない事態に発生することもあります。

まずは、管理画面にアクセスさせないよう多段階での施策を行います。管理画面にアクセスされた場合でも検知しIPアドレスでログインを遮断するような措置をとります。
通常の制作会社ではそこまで気が回らずに作成後放置し、気づけば不正アクセスの温床となり、顧客企業に多大なダメージを与えてしまうというような事案も頻発しています。

チームNext!では、それらの対策をしっかり行うことでお客様に「安全」なサイト運営を行っていただけるような環境づくりに努めています。

定期バックアップを行い万が一のときに備えます

定期的にバックアップを取るような仕組みを導入していますので、
万が一お客様操作時にサイトレイアウトが崩れてしまった、誤って構成ファイルを削除や上書きしてしまったなどの場合でも
定期バックアップ時点の状態で復元することが可能です。

チームNext!では万が一のことも想定し「安心」を提供できるサイト作りを行っております。

ホームページ制作プラン 料金プラン

ホームページ制作プラン


施策項目 オニオンCMS ランディングページ 小規模サイト 中規模サイト インディード(直接投稿型)
ページ数 1スポットあたり LP制作 7P~10P 15P~30P 企業ページ
初期費用 CMS付きサイト ¥50,000 ※1 ¥450,000 ¥900,000~
¥1,200,000
¥1,500,000~
¥3,000,000
¥50,000 ※1
月額費用 保守費 ¥10,000 ※1 ¥7,500 ¥10,000 ¥10,000~¥30,000 ¥10,000 ※1
対象 メディア Google & OnionWorld Google & Indeed Indeed

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る