WEBコンサルティング

WEBコンサルティングとは?

WEBコンサルディングとは、クライアントの経営戦略に基づくWEB開発や制作、運営に関する提案・指南を行うことです。

なぜWEBコンサルタントが必要なの?

WEBを用いた販促戦略というとどのようなものが、思い浮かびますか?

・動的LPO(DLPO)
・リスティング広告(Yahoo!プロモーション広告、Google広告)
・アフェリエイト広告 リターティング広告(DSP)
・Googleディスプレイネットワーク広告
・スマートフォン広告
・多言語翻訳 ・SEO対策 ・ステップメール・メールマガジン
・プロモーション動画解析
・エントリーフォーム最適化(EFO) etc...

ざっと思いつくだけでも、こんなにたくさんあります。

WEBコンサルタント

ご自身の事業の事業の現状に最適な施策はいったいなんでしょうか。
優先したい事項は、ブランディングなのか、マーケティングなのか。
重要度、緊急度によっても手法は異なります。

インターネット広告やWEBツールが多様化・複雑化し日進月歩で進化している昨今、
WEBプロモーションを成功させるためには、正しい知識、理解のもとに、 豊富なデータやノウハウに基づくWEB戦略が必要不可欠となります。

ホームページを掲載するのであれば、アクセス解析や広告の効果測定、またマーケットや競合の分析などを行い自社のWEB戦略を最適化し、常に継続的に改善を図っていく必要があります。

ただ、中小・ベンチャー企業が本来の事業に注力しながら、同時にこれらを行っていくのは至難の業、さらにそのコストも膨大となります。

そこで私たちWEBコンサルタントの登場です。

社内のWEB担当者の場合

本来の業務を行い「ながら対応」となり本業もWEB担当者としても目標到達のスピードが遅くなります。

  • 本業との「ながら対応」で、必要知識の吸収が遅れることで場当たり的なWEB戦略を行い、不必要なサービス・ツールに無駄な投資をしてしまう。
  • その結果、全体のコストパフォーマンスが悪化するが、コストパフォーマンスが悪化していることに気づけない。

その結果本来行うべき、改善点を放置してしまうため成果が上がらない。 経営者も、それが当り前だと錯覚してしまう。

専門的なWEBコンサルタントの場合

日々WEBに関する知識を、専門的に吸収しており、
WEBプロモーションのトレンドを理解しているため、
重要度、緊急度など状況に応じた施策のご提案が可能です。

また目標到達に必要なロードマップを作製し予算配分からはいらせていただくので、無駄打ちを減らし、
アクセス解析など定数的な数字を根拠に、改善案のご提示が可能です。

改善を繰り返し精度を上げていくことで、コストパフォーマンスが上がります。

PDCAを回していけば成果が出てくるというこを経営者の皆様に気づいていただくことができます。

WEBチームを自社で人材を揃えコストは膨大です。

WEBマーケティングで成果を上げるためには、専門性の高い人材が必要なことはご理解いただけたと思いますが、
これを自社で揃えるとなると、毎月のコストは膨大です。

御社内でしっかりとした体制を構築する場合、その人件費コストは月額400万以上を見込む必要があります。

Designer

デザイナー

Director

ディレクター

Coder

コーダー

Producer

プロデューサー

Consultant

コンサルタント

Programmer

プログラマー

Advertisement

インターネット広告

Promotion

WEBプロモーション

Operation Work

サイト運用業務

Secretanriat
Operations

各種事務局業務

Server
Management

サーバー管理

Domain
Management

ドメイン管理

チームNext!にご依頼ください。

ビジネス構造をチャート化し、Webサイトの現実的な役割を明確にします。

「Webサイトをリニューアルしたけどうまくいかなかった」というお客様の話を詳しく聞いてみると、Webサイトの中のことしか考えていなかったケースが非常に多いです。つまり、Webサイトのコンテンツや設計、デザインのことばかり考えて、ビジネス全体の流れの中でWebサイトがどう機能すべきかを明確に定義していないケースです。

Webサイトの現実的な役割

目標値は100%以上のクリアを基準にKPIを設定

目標値は100%以上のクリアを基準にKPIを設定します。

Webマーケティングの場合

現在の月商が200万円で、自社サイトへの新規ユニークユーザー数200人、新規問い合わせ件数20件、新規商談件数5件の場合、KPIを2倍にすることで月商も2倍にできないかを検討したとします。実現可能と判断された場合は、設定されるKGIは月商400万円、KPIは新規ユニークユーザー数400人、新規問い合わせ件数40件、新規商談件数10件と設定されます。そこに+目標KPIを設定し、目標達成を共に目指します。

目標値は100%以上のクリアを基準にKPIを設定します。

Webマーケティングの場合

現在の月商が200万円で、自社サイトへの新規ユニークユーザー数200人、新規問い合わせ件数20件、新規商談件数5件の場合、KPIを2倍にすることで月商も2倍にできないかを検討したとします。実現可能と判断された場合は、設定されるKGIは月商400万円、KPIは新規ユニークユーザー数400人、新規問い合わせ件数40件、新規商談件数10件と設定されます。そこに+目標KPIを設定し、目標達成を共に目指します。

目標値は100%以上のクリアを基準にKPIを設定

無料相談&コンサルティング(1〜2回:1回1.5時間)

独自のフレームワークによる「ブランド特性」の整理&インタビューを行います。
競合比較による「ブランド優位性と強化点」の整理・コンテンツを創造していきます。

プランのご提出・ご契約(ブランド分析・基本計画策定)

現在のWEBサイトでの機会ロスやポテンシャルを検証し、最適な実行プランをご提出いた致します。
企業ブランディング、採用、営業強化、生産性向上まで、総合的な分野に対応いたします。

メンバー召集&業務開始

基本計画が策定されますと、メンバーを招集し、キックオフミーティングを実施し実務に入っていきます。
策定したプランに沿って進捗や効果検証の定例MTGを実施します。

月1〜2回の定例MTGを開催し、改善していきます。

プランにより訪問回数は異なりますが、ご訪問しアクセスレポートのご報告レポートに基づく改善のご提案それに紐づく改修作業や、
新規ページの追加などを適時行い、ホームページを改善しアクセスアップに繋がるように進めてまいります

企業によってゴールは異なります

集客、商品購入、お問い合わせ、ブランディング、人材採用などに紐づく売上向上、利益向上、生産性向上などでしょうか。

その目的によって30万円の費用の使われ方は異なります。
まずは目標設定を行いその目標に対しどのような打ち手を打つか、というWEBマーケティングを理解したうえでの戦略が必要となります。 

30万円使い方の例 例えば、採用サイトを作成するサイトの作成は、内容によりますが1カ月半から3ヶ月程度かかります。

ひと月30万円を3ヶ月分使用し、90万円で「採用サイトを作成する」というような使い方も可能です。
当然、経験豊富なディレクターデザイナーが3ヶ月間ご対応しサイトを完成へと導きます。

90万円で3ヶ月かけて採用サイトを新規制作する 制作したサイトにリスティング広告を打ち改善していく
コンサルティング費用 ¥300,000 ¥300,000 ¥300,000 ¥300,000 ¥300,000 ¥300,000 ・・・・
コンサルティング月 1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 4ヶ月目 5ヶ月目 6ヶ月目 ・・・・
ご対応内容 制作ディレクション レポーティング・改善提案 ・・・・

納品後は、完成したサイトにインターネット広告を打ってもよいでしょうし、そのサイトへ誘導する ランディングページを作成してもよいでしょうし、サイト改善に利用してもよいでしょう。

ゴールは企業それぞれに異なります。

つまり活用方法についても100社あれば100社の利用方法があるということになります。

WEBコンサルティング 料金プラン

WEBコンサルティングプラン

施策項目 ライトプラン スタンダード プレミアム
対象 アクセス解析&アドバイジング
月1回
アクセス解析&ページ改修
月1回(作業4人日稼動分)
アクセス解析&ページ改修
月2回(作業6人日稼動分)
初期費用
アクセス解析&CV改善
¥100,000 ¥200,000 ¥300,000

ご相談やご質問、お気軽にお問い合わせ下さい。