サイト制作・WEBコンサルティング

advertising インターネット広告

インターネット広告で集客支援

Google検索は世界シェアNo.1検索回数年間は「2兆回」

PC、タブレット、スマートフォンなどでユーザーがGoogle検索した語句が、広告主様のキーワードと一致すると、検索結果の上に広 告が表示される可能性が高まります。広告料金が発生するのは、ユーザーが広告をクリックして、広告主様のサイトを訪問したり電話 をかけたりした場合のみです。1日に何億件もの検索が発生するGoogleなら、ブランド認知度の向上にも、商品を検討してもらった めにも、具体的なアクションの促進にも効果が期待できます。

インターネット広告の例

  • リスティング広告(検索連動型広告)
  • 純広告
  • ネイティブ広告(インフィード広告)
  • アフィリエイト広告
  • アドネットワーク(DSP)
  • SNS広告
  • 動画広告

リスティング広告とは「検索キーワード連動型の広告」です

インターネットユーザが検索サイトで「検索したキーワードに連動」して表示される広告です。つまり、欲しいと思っている人と売りたいと思っている業者をGoogle上でマッチングする仕組みのため、非常に確度が高く、成果に到りやすいのが特徴です。また、成果が不透明な従来媒体広告(新聞、テレビ、チラシ)とは異なり、すべてが計測されレポートとして提出されるので、広告の文言や内容を改善し、精度を上げることができるため少ないコストで最大の効果を上げることが可能な広告手法となります。 

2つのリスティング広告 「Google広告」と「Yahoo!広告」

Google広告

Google広告はGoogleの検索結果に表示されるリスティング広告プラットフォームで、広告効果を最大化させるための様々な機能が充実しています。パソコンもそうですが、Googleは何よりスマートフォンユーザーが非常に多いので、幅広いスマホユーザーにリーチしたい時には特におすすめです。

Yahoo!広告

Yahoo! 広告というのはYahoo!が提供している広告サービスの総称で、リスティング広告のみを指す場合は「スポンサードサーチ」とも呼ばれます。国内の他サイトと比較しても圧倒的なユーザー数を誇るYahoo! 関連サイトとの親和性が高く、一般的にコストパフォーマンスも高めだと言われています。

検索エンジンでで、すぐに見つけてもらえる仕組みを導入しましょう

Googleの検索回数はなんと年間「2兆回」。ビジネスへの可能性は計り知れません。検索キーワードに連動した広告を表示することができるので「欲する人に対して、関連性の高い広告を出すこと」が可能です。よってより成果に繋がりやすいのです。Google広告は、未だ見ぬ見込み客に対し御社のビジネスを見つけてもらいやすくするための最適なマッチング方法なのです。

広告料金の発生は、 ユーザーが広告を クリックした場合のみです

クリックされた際にしか料金がかかりません。興味が無いユーザはクリックしません、つまり御社のビジネスに興味や関連性のあることを調べているユーザが、クリックするのですから成果に繋がりやすいのもご理解いただけると思います。またアクセスデータが取れるので、従来の広告(新聞、テレビ、チラシ)のように「この広告手法が良いのか悪いのかが不明。成果が見えないためとりあえず続けてみる」ということがありません。広告の改善を行い広告の精度を高めることで無駄なコストを抑えることが可能です。

測定、分析、改善が 可能。レポートで掲載 結果を確認し、いつでも調整できます

先に述べたように検索ユーザの動向がすべて履歴に残ります。よって過去のどの広告とも異なり、正確なデータの取得が可能です。どのキーワードで流入しやすいのか、どのキーワードが成果(コンバージョン)を上げているのか、などすべてレポートとしてご確認いただけます。そのデータを基に常時広告を改善していくことができるので、無駄がなく少ない予算で最大の効果を生むことができるのです。

Google広告 認定資格 保有者が成果の最大化 に向けて、入札や 広告文、設定を代行いたします

お客様が、面倒な広告の運用や調整を行う必要はありません。運用代行としてチームNext!をご活用ください。Google広告の認定資格者が、常時広告の状態を確認、最適な文言・表示タイミングを見つけ、広告の精度を高めながらお客様のビジネスが掲載されたホームページや、ランディングページに対して送客を行います。

リスティング広告の特徴

  • 1. 低予算で 広告出稿できる
  • 2. ターゲットユーザーだけに 広告出稿できる
  • 3. 地域、時間帯を決めて 広告出稿できる
  • 4. 広告内容を常に変更できる
  • 5. 有名なサイトへも安価に 広告出稿できる
  • 6. ミドルワードやスモールワードを狙うことで効率化しやすい

目的・商材・客層にあわせた広告配信設定ができるので、より”興味の高いユーザーに特定”してアピールできます。

1. 低予算で 広告出稿できる

リスティング広告は、クリック課金制のためクリックが発生すると、その回数に応じてお金が発生します。
よって、クリックが起きなければ費用は発生しないため無駄なお金を払う必要がありません。
また、上限金額を決めて 広告出稿できるため、使いすぎることがありません。

Googleが広告主に対して提供している「キーワードプランナー」という検索ボリュームを調べることができます。
この「キーワードプランナー」を使えば、事前に広告費をシュミレートしてくれるので安心です。

2. ターゲットユーザーだけに 広告出稿できる

Googleでの検索キーワードや、提携WEBサイトの内容を選んで広告出稿できるため、ターゲットユーザーを選んでアプローチが可能です。特に検索キーワードは、検索ユーザーのニーズや温度感が検索キーワードごとに違うため、目的に合わせて出稿するのが一般的です。例えば、レストランの予約を取ろうとあるユーザーが検索をしているとします。「レストラン」で検索する場合と、「東京 レストラン 夜景 個室」と検索する場合では、予約までの温度感が違いますし、夜景を求めていない人は「東京 レストラン 夜景 個室」と検索しないため、無駄なクリックを避けることが出来ます。


「レストラン」の場合、意味や由来を知りたい人が検索しているにも表示されてしまいます。
このように、ターゲットユーザーだけに広告出稿できるというのは非常に大きな特長です。

3. 地域、時間帯を決めて 広告出稿できる

検索している人のいる地域や時間帯を決めて広告出稿が出来るのも特長です。
例えば、青森県の地域密着型のレストランを経営しているのに、東京で検索している人に表示されても意味がありません。
青森県で検索している人にだけ広告出稿したいという場合でも設定により可能です。
また、サラリーマンを対象に広告を出したい場合、通勤し始める朝7時から帰宅し始める18時まで広告を出す、などという時間設定も可能です。

4. 広告内容を常に変更できる

紙の 広告などは、一回出してしまったら修正は出来ません。
また、バナー広告などの場合は契約期間が決まっているので1日目で効果が悪いから取りやめる、ということは出来ません。
しかし、リスティング広告であれば配信開始・停止・修正などを簡単に行うことが出来ます。

5. 有名なサイトへも安価に 広告出稿できる

有名なサイトになるとバナー出稿に数百万円、数千万円と広告出稿にはケタ違いの金額がかかります。
しかし、リスティング広告であればクリック課金制で表示することができ、嫌になったらすぐやめることが出来ます。

6. ミドルワードやスモールワードを狙うことで効率化しやすい

検索キーワードは基本的に、ビッグワード、ミドルワード、スモールワードに分類でき、
ビッグワードになるほど人気のキーワードで検索回数が多いもののコンバージョンレートが低くなり、
逆にスモールワードになるほど、検索回数は少ないがコンバージョンレートは高くなりやすいと言われています。

リスティング広告についてさら更に詳しくご紹介いたします

月間検索ボリュームについて

月間検索ボリュームとは、一ヶ月にどのくらいそのキーワードが検索されたのかをGoogleが調べまとめたものです。検索ボリュームが大きい、ということはそれだけ多くの人が検索しているキーワードとなりまる。つまりこれにより市場にどのくらいのニーズがあるのかを読み解くことができます。「ビッグワード」は母数は多いですがその分競合も多く、また同音異語なども含みますので求める見込み客以外の人たちもたくさん含んでいるということになります。また逆に「スモールワード」は検索ボリュームが少ないため母数が限られますが、ニッチな市場には向いているといわれています。商材とターゲットによって、常にキーワードの選定、取捨選択など行うこととを「広告を運用する」というのですがそう言った調整作業が必要になるのです。

キーワード別、月間検索ボリュームの

  • ビッグワードランチ
    ・・・・・・・・・90,500
  • ミドルワードランチ 東京
    ・・・・・・・・・ 5,400
  • スモールワードランチ 東京 おすすめ
    ・・・・・・・・・480

Google広告のテキスト広告について

Google広告が提供している広告の中で、最もシンプルな広告です。広告の見出し、表示URL、広告文、ランディングページの4つの要素で構成されています。この広告テキストの文言と検索を想定したキーワードを設定することで、「欲しいと思われる人に、欲しいと思われる関連性の高い広告」を表示し、確度の高いマッチングを行うことで「購入」や「お問い合わせ」に繋げていくのがリスティング広告なのです。テキスト広告の各部分についてもう少し詳しく見ていきましょう。

①. 広告見出し

最も目立つ要素です。ユーザーが検索をした際に入力すると予想される文字列を含むことがポイントです。最大文字数は、ほとんどの言語の場合25文字、日本語や中国語などの全角文字言語の場合12文字となっています。

②. 表示 URL

緑色の文字で表記されている、WEBサイトのアドレスを表示する要素です。なるべく、どのようなWEBサイトに遷移するのか、分かるようなURLを表示することがポイントです。

③. 広告文

商品やサービスなどの詳細を表示する要素です。ユーザーが 広告をクリックしてWEBサイトを訪れるきっかけになるような文章にすることがポイントです。最大文字数は、ほとんどの言語の場合35文字、日本語や中国語などの全角文字言語の場合17文字となっています。

④. ランディングページのURL

表示URLとは別に設定するURLの要素です。表示URLをクリックして遷移したページのURLを見ると、表示URLとは異なっていることが分かります。ランディングページのURLとは、遷移先のURLのことを意味します。広告上ではこのURLを見ることができませんが、設定画面上で広告をクリックして遷移した先のWEBページのURLを設定しなければなりません。このドメインと、表示URLのドメインは同じでなければ審査が通りませんので、注意してください。

リスティング広告は、時間帯や地域などを指定して出稿できるため「ムダのない広告配信とデータ収集」が可能です

目的・商材・客層にあわせた広告配信設定ができるので、より”興味の高いユーザーに特定”してアピールできます。

  • 商圏にあわせて広告を表示する地域を設定できます。
  • 配信する時間や曜日を指定することもできます。

広告の効果を細かくデータ収集できます

市場把握がしやすく、広告の改善や施策立案に役立てることができます。収集される各種データから以下のことがわかります

  • キーワード単位の広告表示回数
  • クリック率
  • クリック単価
  • 購買数
  • 購買単価、など

料金表

※お支払いはチャージ制となります。解約をご希望の場合、前月の20日までにご連絡ください。ご連絡がな場合は自動更新となります。

施策項目月次単位・チャージ制月次単位・チャージ制月次単位・チャージ制月次単位・チャージ制月次単位・チャージ制
初期費用¥30,000¥40,000¥60,000¥80,000¥100,000
広告費
(月額)
¥10,000
~¥100,000
¥100,001
~¥200,000
¥200,001
~¥300,000
¥300,001
~¥499,999
¥500,000~
運用費
(月額)
¥30,000¥50,000¥70,000¥90,000広告費の
20%
契約期間6ヶ月~6ヶ月~6ヶ月~3ヶ月~3ヶ月~
システム管理料(月額)1店舗あたり¥10,0001店舗あたり¥10,0001店舗あたり¥10,0001店舗あたり¥10,0001店舗あたり¥10,000

また送客先(ホームページ、ランディングページ)のコンテンツ内容を改善していくことも成果に繋げていくための重要な要素となります。最適な広告の作成・運用、サービスを紹介するぺージの最適化がチームNext!の最も得意とするところとなりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

その他、このようなサービスも行っております。Web総合コンサルティング / Webサイト構築 / ランディングページ制作 / リスティング店告運用 / コンテンツSEOサービス / オリジナルシステム開発