WEBデザイン

WordPressプラグイン紹介 コンテンツ管理に必須「 Advanced Custom Fields 」:後編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
WordPressプラグイン「ACF Advanced Custom Fields」のアイキャッチ画像

前回に引き続き『 Advanced Custom Fields 』プラグインをご紹介します。
前回は「Advanced Custom Fields」そのものの利用シーンと活用事例を紹介しました。
今回は、おもに管理画面から入力した各フィールドのサイトへの出力を中心に解説します。

このプラグイン、入力フィールドを管理画面に呼び出してくれるのはうれしいところですが、サイトへの出力については、多少なりともWordPressタグについての専門知識が必要になります。

WordPressタグとはWordPress内部であらかじめ用意された記事情報を出力させるための記述と理解してよいかと思います。

カスタムフィールドの出力

出力の基本

例えば、一般的な出力方法は以下の通りとなります。

上記はフィールド名が「都道府県」である場合の出力例です。
上記のタグを記事の出力ループにおけば出力されます。

ただこれだけだと、仮に記事の編集で「都道府県」が未入力だった場合に、

都道府県 : [空欄]

となってしまいます。
そこで入力がないときの出力についても考えましょう。
以下、サンプルソースです。

各フィールドごとの出力例

では上記の基本を踏まえたうえで各フィールド種類ごとの出力例を以下に紹介します。

テキストフィールドの場合

テキストエリアの場合

数値フィールドの場合

※ 数値フィールドの例 数字のカンマ「,」をとる場合はnumber_format($cfield) → $cfield とします。

メールアドレスの場合

パスワードの場合

Wysiwygエディタの例

画像の場合

ファイルの場合

セレクトボックスの場合

チェックボックスの場合

ラジオボタンの例

ページリンクの場合

投稿オブジェクトの場合

関連の場合

タクソノミーの場合

ユーザーIDの場合

Google Mapの場合

HTML側

functions.php

jQuery ( JavaScirpt ) ファイル

css

デイトピッカーの場合

カラーピッカーの場合

次回は、高機能カレンダープラグイン『Event Organiser』プラグインについてお届けいたします。

おたのしみに。

たけぼーでした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1分で完了!無料相談はこちらから

ホームページ運用・リニューアル、助成金相談などお気軽にどうぞ。

無料相談はこちらから