サイト制作・WEBコンサルティング

ローカルSEOとは?対策を行うことで得られる効果やメリット、MEOとの違いなどを紹介します

ローカルSEOとは?

美容院や飲食店など、実店舗へのWebからの集客をアップさせたいと考えていませんか。「ローカルSEO」は、特定の場所を検索結果に上位表示させる上で有効な施策です。パソコンはもちろん、スマートフォンの検索からの集客も見込めるため実店舗でのマーケティングに向いています。

この記事では、ローカルSEOの概要や種類、SEO対策やMEOとの違い、メリットや重要性に加えて、具体的なローカルSEOでの施策方法を解説します。集客や販売機会をアップさせ、実店舗でのビジネスの最大化にぜひ役立ててください。

ローカルSEOとは

ローカルSEOとは、地域性に特化したSEO対策を指します。「美容院」「ファストフード」「整骨院」など特定の場所を表すキーワードがGoogleマップで検索された場合に、検索結果で上位表示させるように行う施策です。

ローカルSEOの種類やSEO、MEOとの違いを解説します。

ローカルSEOの種類

ローカルSEOに欠かせないのが、Googleビジネスプロフィール(旧名:Googleマイビジネス)です。Googleビジネスプロフィールの情報は、検索結果で「ローカルパック」と「ナレッジパネル」の2種類のリストとして表示されます。ローカルパックとナレッジパネルにより、検索ユーザーは検索結果のページ上で個別のWebページを見ることなく、特定の場所や地域に関する情報が得られます。

ローカルパック

ローカルパックとは、地域性を含むキーワードが検索された場合に、パッケージ化して表示されるGoogleマップの場所や地域に関する情報(地域情報)リストを指します。地域性を含むキーワードを検索した場合、検索結果はWebページよりもローカルパックが上位表示されることが多いです。そのため、ローカルパックはローカルSEOに欠かせないものと言えます。

ローカルパックは、リストに含まれる情報や表示方法によって、以下の3つがあります。

  • 通常のローカルパック
  • ローカルスナックパック
  • ローカルABCパック

通常のローカルパックとは、検索結果として一般的に表示される以下のようなローカルパックです。また画像のようにローカルパックが3件まとめて表示されることを「ローカル3パック」と呼びます。

ローカルパック

通常のローカルパックは、リストに以下の情報を含んでいます。

  • ビジネス名
  • 口コミ評価
  • 口コミ数
  • 業種
  • 価格帯
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間
  • サービス内容
  • HPリンク
  • ルートリンク

ローカルスナックパックとは、娯楽や飲食、サービスなどの業種の検索結果として表示されるローカルパックです。

ローカルスナックパック

通常のローカルパックに含まれる電話番号、Webサイト、予約情報、ルートリンクなどの情報がリストにありません。代わりに店内や商品、サービスなどの雰囲気の分かる画像が表示されます。

ローカルABCパックとは、駐車場や駐輪場、公共交通機関などユーザーからの評価対象とならない、またはなりにくい場所や地域が検索された場合に表示されるローカルパックです。そのため、他のローカルパックにある口コミや評価がリストにありません。

ローカルABCパック

ナレッジパネル

ナレッジパネルとは、店舗や事業所、地域の名称で検索した場合に右側に表示されるリストです。名称とともにWebサイトや経路案内、概要、画像などの詳細な情報が一覧として表示されます。

ナレッジパネル

SEOとの違い

SEOとは”Search Engine Optimization”の略称で、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれています。Googleなどの検索エンジンにおいて、特定キーワードで検索された場合にWebページが上位表示されるために行われる施策です。ローカルSEOが地域性のあるキーワードに対して行われるのに対して、SEO対策は業種や業態を問わずWebページやサイトが競合よりも優位に立つために行われます。

MEOとの違い

MEOとは“Map Engine Optimization”の略称で、日本語では「マップエンジン最適化」と訳されます。MEOはローカルSEOとほぼ同義として扱われますが厳密に言えばローカルSEOが検索エンジン、マップエンジン問わず地域性を含むキーワードが検索されたときに上位表示される施策に対して、MEOはマップエンジンでの検索上位表示への施策を指す場合が多いです。

また、ローカルSEOはグローバルな用語として国内外で多く使用されているのに対し、MEOは日本以外ではあまり使われない傾向にあります。

ローカルSEOで得られる効果とメリット

ローカルSEOを行った方が良いと考えていても、具体的にどんな効果が得られるかわからないため導入を決めかねている方も多いでしょう。ローカルSEOを行うことで、以下3つの効果やメリットが得られます。

  • 競合が少ない
  • ユーザーの来店や問い合わせなどの行動につなげやすい
  • 費用対効果が優れている

それぞれの効果やメリットについて解説します。

競合が少ない

ローカルSEOは、特定の地域や業種に対して行われる施策です。Webページ全体に対して行うSEO対策よりも、狭い範囲に対して行われます。近隣店舗など、限られた競合に対して対策を行うだけなので、SEO対策のような大掛かりな施策は不要です。

検索結果で上位表示されるにはGoogleなどの検索エンジンから有益なコンテンツを含むWebページであると評価されなければいけません。SEO対策では、選定したキーワードに対してタイトルや見出し、ディスクリプションの設定、Webページの改善などが求められます。ところが、検索エンジンが検索順位を決定する仕組みであるアルゴリズムのアップデートが行われると、今までのSEO対策ではWebページが上位表示されなくなることもあります。Googleをはじめとした検索エンジンのアルゴリズムはまだ未解明の部分も多く、具体的にどのように施策をすればいいか分からないのも、SEO対策のデメリットです。

一方でローカルSEOで求められるのはリストに記載される地域情報、キーワードの設定、口コミや評価への対策のみです。Googleビジネスプロフィールへの施策のみで対策ができるのも、ローカルSEOのメリットです。

ユーザーの来店や問い合わせなどの行動につなげやすい

ローカルSEOの対策は、特定の場所や業種に関する店舗などを検索しているユーザーをターゲットに行われます。すでにユーザーが特定の場所や店舗に関する情報を求めているところへ自店舗や施設の情報が上位表示されるようになるため、直接的な集客につながりやすいのがメリットです。ユーザーのニーズに合致した店舗や施設の情報が表示されれば、来店や問い合わせなどの行動につながりやすいでしょう。

ローカルパックやナレッジパネルで表示される地域情報のなかには、ルート検索や自サイトへのリンク、電話ボタンやWeb予約ボタンがあります。Webページを訪れず検索結果ページ上で、ユーザーが集客につながるアクションを取りやすいのもメリットです。

ローカルSEOによって自店舗や施設の情報が上位表示されるようになれば、それだけ多くの検索ユーザーの目に情報が触れるようになります。直接的な問い合わせや来店などのアクションにつながらなくても、認知度や知名度を少しずつあげることも可能です。

費用対効果が優れている

ローカルSEOに必要となるGoogleビジネスプロフィールは、無料で登録と運用ができます。ほかのツールを導入する場合は費用もかかりますが、必須となるツールであるGoogleビジネスプロフィールが無料であるのは大きなメリットです。Googleビジネスプロフィールの地域情報へローカルSEO施策を行えば、大きな集客も望めるでしょう。

ローカルSEOの重要性

マーケティングの施策としてローカルSEOが重要視されるようになった背景にあるのが、スマートフォンの普及です。スマートフォンの普及から見た、ローカルSEOの重要性を解説します。

スマートフォンの普及に伴うユーザーの検索行動の変化

従来のWebマーケティングの一般的な手法と言えば、Webページやサイトを検索結果で上位表示させるためのSEO対策のほか、ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を表示させるリスティング広告でした。PCからの検索が一般的だったためです。一方、現在ではスマートフォンが普及したことによって、ユーザーの検索行動はPCからスマートフォンがメインとなりました。

総務省発表の令和3年度デジタル白書「第1部 特集 デジタルで支える暮らしと経済 デジタル活用の現状」によると、2010年は携帯電話やPHSなどのモバイル端末の世帯保有率は90%以上、パソコンは80%以上だったのに対してスマートフォンやタブレット端末の世帯保有率はわずか10%でした。年々スマートフォンやタブレット端末の普及率が上がり、2016年にはパソコンと同じ70%以上、翌年にはスマートフォンとタブレット端末がパソコンの世帯保有率を逆転します。2020年には調査全体のインターネット利用率83.4%中、スマートフォンによるインターネット利用率は68.3%と過半数を占めています。

スマートフォンを外出先で使用し、マップ上から自分が行きたいお店や施設を探すことも可能になりました。検索結果にGoogleマップとともに店舗や施設の地域情報が表示されれば、ダイレクトにユーザーの集客が見込めます。従来のPCからの検索ではなく、スマートフォンを中心とした検索行動へ変化したため、ローカルSEOの重要性が高まっています。

スマートフォン地図アプリの利用状況

スマートフォンの普及により、多くのアプリも使われるようになりました。ユーザーの店舗や施設の検索に特化したアプリとして誕生したのが、「地図アプリ」です。地図アプリはユーザーニーズからダイレクトに集客できるチャネルとして注目されています。

株式会社エフェクチュアルの実施した「地図アプリの利用に関する調査」によると、全体の約9割が使ったことのある地図アプリとして「Googleマップ」を挙げています。Googleビジネスプロフィールの地域情報は当然Googleマップのアプリでの検索結果としても表示されます。地図アプリからの集客を見込むためにも、ローカルSEOは重要と言えるでしょう。

ローカルSEOの基本的な対策

ローカルSEOは、ローカル検索結果の仕組みを理解したうえでGoogleビジネスプロフィールへの施策を行います。ローカルSEOの基本的な対策方法を解説します。

ローカル検索結果の仕組み

ローカル検索結果とは、GoogleやGoogleマップで地域性のあるキーワードを入力した際に表示される検索結果のことです。ローカル検索結果の表示順位を上げるには、順位(ランキング)が決定される仕組みを理解しておく必要があります。

ローカル検索結果は、以下の3つの要素から最適な検索結果がGoogleのアルゴリズムに基づいて順位が決定されます。

  • 関連性
  • 距離
  • 視認性の高さ

検索キーワードとGoogleビジネスプロフィールの内容が合致しているかの度合いを測ったのが、関連性です。関連性が高いと判断されれば、検索順位は上位になります。関連性が高いと判断されるためには、Googleビジネスプロフィールの情報を充実させるのが有効です。

距離は、検索しているユーザーから自店舗や施設までの距離を指します。距離が近ければ近いほど上位表示されますが、距離よりも関連性が重視されます。そのため、Googleのアルゴリズムが検索ユーザーのニーズに合致していると判断すれば、距離が遠い店舗や施設の方が上位表示される点に注意が必要です。

視認性の高さとは、店舗や施設の知名度や認知度です。有名なランドマークや施設などは、上位表示される傾向にあります。また、リンクや記事、店舗一覧などのGoogleビジネスプロフィールの情報、評価や口コミの数も視認性の高さを決める要素です。

Googleビジネスプロフィールの活用

Googleビジネスプロフィールへの情報記入や改善を行うのも、ローカルSEO対策の重要な要素です。以下のGoogleビジネスプロフィールへの対策を行いましょう。

  • ビジネス情報を充実させる
  • オーナー確認をする
  • 写真を追加する

Googleビジネスプロフィールの情報を充実させると、検索結果と一致しやすくなり関連性が高くなります。すべてのビジネス情報をプロフィールへ記載しましょう。また、オーナー確認を行うと店舗や施設の場所が特定され、ローカル検索結果に表示される可能性が高くなります。写真をプロフィールに追加することで、検索ユーザーへのアピールにつなげられるでしょう。

ローカルSEOの注意点

ローカルSEOの効果を最大化させるために、Googleビジネスプロフィールの活用時に以下3つの注意点を知っておきましょう。

  • Googleビジネスプロフィールの情報は更新すること
  • 口コミや質問へは都度対応すること
  • Googleのガイドラインを遵守すること

それぞれの注意点について解説します。

Googleビジネスプロフィールの情報更新

Googleビジネスプロフィールの情報は、つねに最新の内容にしておきましょう。営業時間や定休日などを変更した場合には、忘れずにGoogleビジネスプロフィールの情報も更新しましょう。移転などで住所や電話番号が変わった場合も同じです。

Googleビジネスプロフィールの情報を更新せず古い情報のままにしておくと、営業時間外や旧住所に顧客が足を運んでしまう可能性があります。顧客からの信用を損失してしまうリスクもあるため、必ず記載する情報は最新のものにするのが重要です。

口コミや質問への対応

店舗や施設を実際に利用したユーザーから、口コミや評価を得たり、質問されたりする場合があります。口コミや質問へきちんと対応することで、自店舗や施設がユーザーの存在を大切にしていることをアピールできます。口コミや評判でのやりとりをきっかけにユーザーのエンゲージメントを高め、ファンを増やすことも可能です。中には否定的な口コミや評価がされる場合もありますが、放置せず真摯に対応しましょう。

口コミや質問を放置すると、店舗や施設の信用損失につながります。特に好意的な口コミや評価、質問には対応し、否定的なものは放置する、など内容によって対応を変えてしまうのも厳禁です。

Googleのガイドラインの遵守

口コミや評価の数はローカル検索結果の順位を上げる要素にもなります。また、口コミや評判が多ければユーザーからの信頼を得やすく、多くの集約が望めるのもメリットです。ただし、Googleのガイドラインに違反した誤った方法で口コミの数を増やすのは、ペナルティの対象となります。たとえば、ユーザーに見返りとして特典などを提供し、口コミを投稿させるのはガイドライン違反です。ペナルティを受けると、検索順位が大幅に落ちる、検索県外となりローカル検索結果に表示されなくなる可能性もあります。かならずGoogleのガイドラインを確認、遵守してローカルSEOの施策を行いましょう。

Googleは、口コミを増やすための適切な方法(ベストプラクティス)として、以下の方法を挙げています。

  • ビジネス情報のオーナー確認を行う
  • リンクの作成と共有などでユーザーに口コミ投稿をお願いする
  • 口コミは読んで返信する
  • 肯定的な口コミ、否定的な口コミ両方を大切にする

ローカルSEOに関するまとめ

ローカルSEOの概要や種類、メリットや重要性、ローカルSEOの施策方法や注意点を解説しました。スマートフォンの普及により、中小規模の実店舗や施設もローカルSEOを使ったマーケティングで集客を望めるようになりました。

ローカルSEOは有効な施術である一方、適切な運用をしなければ集客が望めないだけでなく、ユーザーからの信用を失ってしまうこともあります。売上や集客の低迷にお悩みなら、ぜひローカルSEOを取り入れて新しい顧客の取り込みや売上アップにつなげましょう。

チームNext!では、ローカルSEOに関するご相談を承っております。詳細については、下部のお問い合わせよりお気軽にご連絡くださいませ。

■おすすめの関連記事