サイト制作・WEBコンサルティング

seo SEO対策

SEOに強いWordPress(ワードプレス)をベースにホームページを作成します

私たちチームNext!は、基本対応として、WordPressを使用し内部SEOを行い、公開時にGoogle登録リクエストを行います。チームNext!でのホームページ制作は、WordPressというCMS(コンテンツ管理システム)を使用しています。このシステムは、基本的にはブログの機能をもつプログラムなのですが、カスタマイズを行うことで自由に改変しい様々な形のホームページを作成することが可能です。またこのシステムを使用することで、SEO対策にも有効であるということを、Googleの責任者が発言しています。

WordPress is a great choice
WordPress automatically solves a ton of SEO issues.
WordPress takes care of 80-90% of (the mechanics of) Search Engine Optimization (SEO)

(訳) WordPressを選ぶことは、非常に良い選択です。
なぜなら、WordPressは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、
SEO(サーチエンジン最適化)の手法の80%~90%に対応するように作られているからです。

出典元:Google検索の責任者やSEOの天才も認めるWordPressのSEO効果

SEO対策の前にまずは御社の事業の理解からはじめます

お客様の事業理解、業務内容の理解は行って当たり前の行為なのですが、実施できていない制作会社も多いように思われます。サイト内の各ページは、「テーマ(主題)」がありそのテーマを簡潔にわかりやすく説明するために文章と画像、動画などを使用し構成しますが、このテーマがブレていることが多いのです。なぜブレるのかということ、依頼元も製作者も「デザインの良いサイトを作り納品すること」を優先してしまうからです。

成果が出る、出ない、よりも「デザイン的にきれいでいいものができた。」と満足してしまい、サイトへ訪れる本当のお客様のことを置き去りにしてしまうためテーマのズレが起こりやすいのです。最終的なお客様はサイトへ訪問してくれる検索ユーザーで、その方々にサービス・商品の魅力を理解いただき、お問い合わせ、購入いただけるようページ構成、導線作りをしていくべきです。

お客様の事業を理解し「どうすればWEB上でプロモーションが成功するか。」ビジネス的なゴールにたどり着けるのか、ということを念頭におき各ページの主題を決定し、ホームページの目標設定を行います。

次に目標を達成するために必要な母数をどのように集めるか、という点を協議し方針がきまったら各ページの構成やデザインの話になっていくのです。多くの制作会社、フリーランスの方はこの「主題」がないためにページの内容がブレてしまうのです。小手先の「キーワードはどうしましょう」という話ではなく「このページで伝えたいことは何か」を明確にすることで自ずと答えは導き出されるため、まずはここまでの工程を踏んでいるかということが重要だと考えています。

その後、基本的な内部SEO対策を行います

各ページごとにテーマを設けコンテツを作成していきます。各ページには内部SEO基本対応として以下の施策を行います。

  • 検索された際に表示される「タイトル(ページタイトル)」「ディスクリプション(説明文)」を設定します。
  • ページ内は決められた文書ルール「ヘディング(見出し)」に則り構成していきます。
  • 画像に対して注釈を入れる「ait(代替テキスト)」
  • 検索エンジンへのページの重複登録化を防ぐ「canonical(URL正規化)」
  • SNSでシェアされたとき表示されるアイキャッチ画像、テキストの設置を行います。「OGP対応(SNS対策)」
  • 各種ナビゲーションリンク、パンくずリストなどを充実させ内部リンクを充実させます。

更にその先の、チームNext!のSEOテクニック

流入キーワードを可視化

Googleアナリティクス、サーチコンソールでも見ることが難しい流入キーワードを可視化します。ホームページに対し、流入キーワードを増やす施策を行うことが可能になります。

流通キーワードを可視化しコンテンツマーケティングを加速

自分が想定しているキーワードと、一般的に検索エンジンで流通しているキーワードが一致しているでしょうか。専用のツールを用い「想定流入キーワード」と「流通キーワード」のギャップを事実に基づいたデータで確認することが重要です。これにより、正しいキーワードでのコンテンツ作成を戦略的に行うことが可能となります。

トライアンドエラーの回数が少なくて済み、効率的にPDCAサイクルをまわしコンテンツマーケティングからスピーディーに成果につなげることができます。

SEOの改善提案

現行のサイトのSEO状況がわかります。またどのように改善すれば検索の上位を狙えるのかなどのアドバイスを行います。サイトにヒートマップを設置することができれば、サイト来訪者のコンテンツ内の滞在時間、熟読具合、読み進める深度などを可視化出来るため、そのデータを元にコンテンツの構成を変えて成果につながった、というような場合もありますので、様々なツールを用い改善提案を行います。

競合他社の状況確認、比較

競合他社サイトのアクセス数、流入キーワードを計測し、ベンチマークとしてSWOT分析、3C分析など各種分析を行います。

ここまでを制作内では基本対応として行います。

必要に応じて外部施策も行います

過去に横行したブラックハットSEOのような外部リンク施策ではなく、Googleの推奨するE-A-Tに準じた方法で行います。すべてのキーワードで使用できるわけではありませんが、別途費用にてこちらのご相談も承ることが可能です。お気軽にご相談ください。

E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)の三つの言葉の頭文字をとったGoogleの造語で、Googleの「検索品質評価ガイドライン」で示されているWebサイトの評価基準の一つです。

コンテンツマーケティングSEO

コンテンツ(content)とは、「ページの中身」のこと

インターネットでは、ホームページ内の文章や画像、動画や音声などを指します。ホームページがメディアとして重要視されている現在、その内容やクオリティは非常に重要です。ホームページには『お客様』の事業を正しく具現化し、潜在顧客が読んだときに正しく理解できるよう、情報を整理し掲載しておく必要があります。

なぜコンテンツマーケティングが必要なのでしょう

読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信をとおして見込み顧客のニーズを育成、購買を経て、最終的にはファンとして定着させることをめざす一連のマーケティング手法です。昨今は、ブログの仕組みを使用し、自分達でコンテンツを作成・発信することが可能になっています。つまり、コンテンツマーケティングとはこの仕組みを活用し、潜在顧客に「見つけてもらう」仕組みをつくりあげる、ということになります。

Googleが定義するSEOで大切な事だからにほかなりません。

読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信をとおして見込み顧客のニーズを育成、購買を経て、 最終的にはファンとして定着させることをめざす一連のマーケティング手法です。

”Googleが掲げる10の事実”

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより早いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は昨日します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくともお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

引用:Googleが掲げる10の事実

良質なコンテンツを制作することが最も大切な時代に

自社分析、競合分析などを行い、しっかりとした戦略に基づいた、キーワード選定の末のコンテンツでなければいけません。且つ、世の中に必要とされるコンテンツであるべきです。当然、作為的なもの、嘘、偽りはGoogleによって排除されます。SEO対策を行う上での最重要事項はより深い分析と、施策方針の決定と言える最短での目標達成及び、サイトの成長を目指すためにも初期分析は最重要といえるでしょう。

施策開始後も常に効果検証を行いながら、段階的にコンサルティングを進行し、PDCAを回しコンテンツとホームページのブラッシュアップを行ってまいります。

記事ライティング作業も承ります。お気軽にご相談ください。

コンテンツマーケティング 料金プラン

施策項目ライトプランスタンダードプレミアム
対象これから始めたい方効果をより高めたい方最速で成長したい方
初期費用
施策企画/設計・サイト調査
¥150,000¥200,000¥300,000
月額費用
記事構成
¥150,000(5本)¥300,000(10本)¥450,000(15本)
月額費用
KW分析・レポーティング
¥50,000¥50,000¥50,000
ご契約期間6ヶ月6ヶ月6ヶ月
プラン価格:1記事 2000字/¥40,000