サイト制作・WEBコンサルティング

Shopify(ショッピファイ)とは?

Shopifyとは、かんたんにオンラインショップを開設できるECプラットフォームです。

シンプルかつ高機能なデザインが評判を得ており、現在175ヵ国174万店舗以上で導入されるなど世界NO.1シェアを誇っており、通称「アマゾンキラー」というような異名がつけられアメリカでは「EC分野の流通総額」においてアマゾンに次ぐ2位となっておりグローバル企業も続々とShopifyを使いはじめています。

この勢いにのり、2017年11月に日本法人を設立し、公式から日本語でのサポ―ト対応や管理画面の日本語化が完了されるなど国内向けにローカライズされたことを背景に、楽天やアマゾンとの在庫連携が可能なアプリ、オンラインショプとリアル店舗(実店舗)とのShopify POSによる在庫連携など、単なるECツールにとどまらない様々な特徴・メリットを有し、日本国内の多数の企業から導入実績を獲得しています。

①オンラインショップを開設するための面倒な手続きが必要ありません

Shopifyはクラウドサービスのため、これまで必要であった自社でのサーバーやパッケージの導入を一切省くことができます。サーバーの知識、サイト構築のスキルがなくても、思い立ったらすぐにオンラインショップをはじめることができます。

その手軽さがShopify導入を踏み切りやすくさせているポイントの一つとなっています。Shopify(ショピファイ)のコンセプトである「小さくはじめて、大きく育てる」を体現しています。

コロナ禍の昨今、良く聞かれる「D2C(ディーツーシー Direct to Consumer)の略で製造者がダイレクトに消費者と取り引きをすること)」をすぐに実現することが可能となります。

②低コストでスピーディーにオンラインショップの開設が可能です

Shopifyが世界NO.1シェアを誇る最大のポイントの一つとして、オンラインショップ構築にかかるコストを抑えることができる点が挙げられます。

Shopifyは、月額29ドル〜(日本円で約3,200円〜)の契約だけですぐにオンラインショップが開設できます。さらに世界各国への多言語化、多通貨化への対応が可能なことで商圏が一気に広がります。

また、元からシンプルでセンスの良いテンプレートを有しているため、サイト構築の手間が少なくコストが低く、非常にスピーディーにオンラインショップを開設することができます。

③決済代行会社を使うよりも決済手数料を安く済ませることが可能です

Shopifyのプランについて

上記した、月額29ドル〜(日本円で約3,200円〜)を支払いすることでShopifyの決済システム「Shopifyペイメント」を利用することが可能になります。

その場合のクレジットカードの手数料以外の費用は0円となるため、通常の決済代行会社よりも手数料コストを低く抑えることが可能です。

手数料に関しては、以下の4つのプランによって変化しますのでこちらでご確認ください。

  • ライトプラン    $9/月 (約1,200円前後)
  • ベーシックプラン  $29/月 (約3,200円前後)
  • スタンダードプラン $79/月(約8,300円前後)
  • プレミアムプラン  $299/月 (約32,000円前後)
  • プラスプラン    $2,000/月(約210,000円前後)

④高品質なデザインのテンプレートが多数用意されています

Shopiyの無料テンプレート

Shopifyは、そのままでも充分商用利用可能な高品位のテンプレートデザインが100種類以上用意されています。テンプレートを活用することで、工期を大幅に短縮することができるのが特徴です。

このテンプレートの詳細は、カスタマイズすることができるためオリジナルデザインに改変し貴社独自のブランディングを行うことも可能です。

さらにアパレル向け、飲食向けなどジャンルによって掲載方法が異なると思いますが、そのジャンルの商品が売れやすいレイアウトを考慮して作成されていますので業種によって最適なレイアウトを選択することが可能です。

⑤多数のアプリが用意されているので開発コストを抑えることができます

Shopifyのアプリは5300種類以上

Shopifyでは、オンラインショップを貴社独自の用途に合わせた機能カスタマイズをする際に「アプリ」を利用します。

現時点でShopifyアプリストアには全世界のアプリ制作会社37,400社が、5,300種類以上という膨大な数の、様々な用途に適したアプリを提供しています。

言語の関係ですべてのアプリが利用できるわけではないのですが、途方も無い数の様々なアプリが提供されていますので、お客様がほしいアプリがきっと見つかります。

■アプリの一例

商品検索・フィルター設定アプリ:Product Filter & Search

コレクション、仕入先、商品タイプ、商品オプション(例:色、サイズ)、タグ、評価、価格、値引率、在庫切れなどの情報でフィルターをかけ、絞り込み検索が可能です。

商品レビューアプリ:judge.me 

商品レビューの表示機能を追加できるアプリ。購入者に対し自動でレビュー依頼のメールを送ってくれます。

紹介プログラムアプリ:Letters

友人、家族、恋人などの身近な知人への紹介を促し、新たなカスタマーの効率的な獲得につなげます。SNSを活用している業種に最適なツールといえるでしょう。

かご落ち対策アプリ:Privy ‑ Pop Ups, Email, & SMS

カートに商品を入れたが購入せずにECサイトを離脱することを「かご落ち」と呼び、重大な機会損失につながるのですが、その離脱タイミングでクーポンなどを表示し度購入の再検討を促すことが可能です。

ソーシャルログインアプリ:One Click Social Login

facebookなど代表的なSNSアカウントでのショップログイン機能をかんたんに実装できます。

などなど、とにかく様々なアプリが日々開発されていますので、どこかにお客様のほしい機能を備えたアプリがあります。0から開発することを考えると時間・費用コストを抑えることが可能になります。

⑥楽天モールやアマゾンとの在庫連携、リアル店舗(実店舗)との在庫連携が可能です

楽天、アマゾンとの在庫連携が可能

楽天モールやアマゾンへ出品している方も数多くいらっしゃると思いますが、Shopifyを使用することでShopifyと楽天モールを連携させ「在庫連携」を行うことが可能になります。

すると在庫の一元管理が可能になり、棚卸しの手間が軽減されます。※いくつか前提条件がございますので詳細はこちらをご覧ください。

またリアル店舗(実店舗)とオンラインショップの「在庫連携」もShopifyPOSというアプリを使用することで実現が可能なため、管理コストの大幅な低減と生産性の向上に繋げていくことが可能です。

⑦Googleショッピング広告と連携し無料で広告掲載が可能です

Googleショッピングに無料で広告掲載が可能

Googleで検索を行うと、検索キーワードに連動した「写真付きの商品紹介枠」をご覧になったことはありますか?

こちらは「Googleショッピング広告」と呼ばれ、検索結果画面の上部に出現するため非常にクリックされやすい広告となります。

Shopifyでは、アプリを追加するだけでこのGoogleショッピング広告枠に無料で広告を出すことが可能です。

⑧安全・安心な稼働率99.8%のサーバー。すべてShopifyにおまかせ

Shopifyのサーバは99.8%の稼働率で安心、安全です
サーバやシステムの状況も常時確認することができます。

Shopifyのサーバー稼働率は99.8%と非常に安定しており、1分間に1万件以上の注文の処理が可能です。だからサーバーが落ちるということがほとんどないのが特徴で、さらに銀行並みの強度なセキュリティを有し、24時間365日有人監視なので安心してご利用いただけます。

サーバーを自社で管理した場合、万が一不正アクセスや故障などが起きたときの対応コストを考えてみてください。それは膨大な時間ロスと対応コストに繋がります。サーバー保守、セキュリティアップデートなどはすべてShopifyが対応してくれるのでお客様は安心して販売業務に注力することができるのです。

いかがでしたでしょうか。この新しいオンラインショップツールShopifyの実用的なメリットを挙げてみました。取りまとめますと以下のようなものになります。

①オンラインショップを開設するためのめんどうな手順が必要ありません

もうサーバーの契約は必要ありません。すぐにオンラインショップを開設できます。

②低コストでスピーディーにオンラインショップの開設が可能です

月額29ドル〜(日本円で約3,200円〜)の契約で、すぐに商品を販売することが可能です。

③決済代行会社を使うよりも決済手数料を安く済ませることが可能です

Shopifyの決済システム「Shopifyペイメント」を利用することで、クレジットカードの手数料以外の費用は0円にすることが可能です。

④高品質なデザインのテンプレートが多数用意されています

商用利用可能な高品位のテンプレートデザインが100種類以上用意されています。

⑤多数のアプリが用意されているので開発コストを抑えることができます

5,300種類以上のアプリでオンラインショップの機能を拡張できます。0から開発することを考えると開発に関わる時間・費用コストも抑えることが可能です。

⑥楽天モールやアマゾンとの在庫連携、リアル店舗(実店舗)との在庫連携が可能です

Shopifyと楽天モール、またリアル店舗(実店舗)を連携させ、商品の在庫連携を行うことが可能です。在庫の一元管理が可能になる事で、棚卸しや商品管理の手間が大幅に軽減されます。

⑦Googleショッピング広告と連携し無料で広告掲載が可能です

アプリを追加するだけで検索結果画面上部に掲載されるGoogleショッピング広告枠に無料で広告を出すことができるようになります。

⑧安全・安心な稼働率99.8%のサーバー。すべてShopifyにおまかせ

サーバー保守やセキュリティ対策もすべてShopifyにおまかせで大丈夫です。

Shopifyを使用することですぐにオンラインショップが開設できること、なぜShopifyを使うべきかという理由の一端を記載いたしました。

次回以降もShopifyの魅力や強みについてさらに詳細なコラムを掲載していきますのでお楽しみに!

Shopifyでオンラインショップをつくってみたい、と思ったら「無料相談はこちら」からお気軽にお問い合わせください。ご相談お待ちしております。

アーカイブ